1: 田杉山脈 ★ 2020/10/22(木) 18:17:56.86 ID:CAP_USER
 米PayPalは21日(現地時間)、米国で今後数週間以内に、Bitcoin、Ethereum、Bitcoin Cash、Litecoinといった仮想通貨(暗号資産)をPayPalのデジタルウォレットに取り込むと発表した。これにより、PayPalで暗号資産の売買と所持が行なえるようになる。

 同社は、世界人口の約5分の1を占める10の中央銀行のうちの1行が、今後3年以内に独自のデジタル通貨を発行すると予想しており、世界全体としてもデジタル通貨への移行が避けられないとしている。このデジタル通貨への移行に先んじるかたちで、暗号資産の実用性を大幅に向上させる目的で機能を導入する。

 サービス導入後、2020年12月31日までは暗号資産の売買にかかわる手数料は無料になる。また、現在は米国内だけだが、2021年前半にはモバイル決済サービスのVenmoでも実装するほか、ほかの国でも展開する予定。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1284537.html

引用元:https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1603358276/

おすすめ記事

7: 名刺は切らしておりまして 2020/10/22(木) 19:09:35.17 ID:pTSAOKAo
>>1
ビットコインはやめておけって
裏金でも貰ってんの?

11: 名刺は切らしておりまして 2020/10/23(金) 02:53:28.30 ID:0wSlNAyx
>>1
ビットコインは安全資産、逃避資産ではない。

G7報告「BTCは2つの主要目的達成に失敗、ただの投機資産」

先進7カ国は公表した報告書の中で、
ビットコインが「価値の保存」や、「支払い手段」
としての主要となる2つの役割を担うことに失敗したと判断した。

この判断の理由として、・高い変動率・拡張が限定的
・利用が複雑・規制、統治の問題を挙げた。
その結果、「ビットコインは投機目的で不正利用される資産にすぎない」との結論に達している。
http://www.bis.org/cpmi/publ/d187.htm


G7 デジタルペイメント
金融の安定性や消費者保護のほか、マネーロンダリング(資金洗浄)、テロ資金供与などに対処する必要があるとし、「決済サービスは適切に監督・規制されるべき」と指摘した。
https://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN26Y2GM

12: 名刺は切らしておりまして 2020/10/23(金) 06:30:48.03 ID:4wluRfvT
非中央集権を掲げ相場操縦規制がされていない暗号資産市場 暴騰後に5分間で99.9%の暴落
https://jp.cointelegraph.com/news/defi-meme-coin-hotdog-dumps-99-9-in-hours-after-launch

マネーゲーム リスクを理解し参加は計画的に
>>1
相場操縦が規制されていない暗号資産市場 5分で99.9%の大暴落も
PUMP&DUMPを繰り返す仮想通貨市場。今年の3月に50%近い大暴落を引き起こしたビットコイン
アメリカSECから指摘されている相場操縦問題を解決しないまま今日まできている。

今年3月の記録的な大暴落の数年前から規制当局から相場操縦リスクについては指摘されている。
ビットコイン市場の相場操縦を含む構造問題は何も解決していない不透明な市場
米FRBが経済支援の為に緩和を行っても、不透明な仮想通貨市場に資金が流入したのでは本末転倒

革新的なブロックチェーン技術とビットコインなどの仮想通貨を混同してはいけない

2: 名刺は切らしておりまして 2020/10/22(木) 18:20:44.57 ID:VgncvjzB
まねろん

3: 名刺は切らしておりまして 2020/10/22(木) 18:38:23.15 ID:K1OvN3Ot
【ハイリスク】paypalのビットコインに対応したレジシステムは、リスク回避レジシステム。店は一度も乱高下ビットコインを触る必要なし
https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1603359344/

4: 名刺は切らしておりまして 2020/10/22(木) 18:39:05.80 ID:K1OvN3Ot
paypalのビットコインに対応したレジシステムは、
リスク回避レジシステム
乱高下のハイリスク暗号資産を契約店のレジに一度も入れない仕様

暗号資産で支払う際に、
PayPalが設定した暗号資産レートで法定通貨に換金された後にレジに入金

つまりハイリスク乱高下のビットコインなどの暗号資産を店側のレジに一度も一瞬もいれない。リスク回避レジ


暗号資産が信用されてるなら店側はリスクを考えずに
普段通り、法定通貨と同じようにレジや口座にいれるように取り扱う

6: 名刺は切らしておりまして 2020/10/22(木) 18:44:41.17 ID:K1OvN3Ot
>>4
今日すでに高値から500ドル暴落

13: 名刺は切らしておりまして 2020/10/23(金) 07:30:47.21 ID:/g70RL2G
>>4


ビットコイン握りしめて、大口の相場操縦pumpまつだけやぞ!!!
相場操縦が規制されていない、あとはわかるな?


ビットコイン、特定の市場参加者が価格操作か:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51838310W9A101C1000000/

ビットコイン急騰、半分は不正操作 教授らが指摘
https://jp.wsj.com/articles/SB12645130954555463974804585653143812390782 @WSJさんから

5年以上まえからアメリカSECから
指摘されているが改善されていない
ビットコイン市場操作問題

2020年10月末現在もアメリカのSECはビットコインETFを承認していない理由の一つがビットコインの価格操作。

5: 名刺は切らしておりまして 2020/10/22(木) 18:39:37.73 ID:K1OvN3Ot
回りくどいリスク回避レジシステムを導入ということは
つまり、ビットコインはハイリスクと認識されていると言うこと


Payppal のシステムは契約店側がハイリスクな暗号資産を
所持するというハイリスクをなくす仕様


ビットコインで支払うと喜ぶのは手数料とれるpayppal

手数料
法定通貨から暗号資産、そしてその逆の取引も手数料は高くなる。取引額が100ドル(約1万500円)以下の場合その額の2.3%、100~200ドル(約1万500~2万1000円)で2%、200~1000ドル(約2万1000~10万5000円)で1.8%、1000ドル(約10万5000円)超で1.5%となる。25ドル(約2600円)以下には最低手数料0.50ドル(約50円)が適用される。また、売買価格価格差があるともウェブサイトには記載されている。


paypalレート(売買価格格差あり)

PayPalの利用規約によると、ユーザーはPayPalで購入した暗号資産をPayPalのウォレットから出金することができない。外部ウォレットから暗号資産を入金することも不可能。

また、PayPalの口座間での暗号資産の送金もできない

公式
https://newsroom.paypal-corp.com/2020-10-21-PayPal-Launches-New-Service-Enabling-Users-to-Buy-Hold-and-Sell-Cryptocurrency

8: 名刺は切らしておりまして 2020/10/22(木) 19:52:00.93 ID:oX4dJmHV
ビットコインを使ったサービスてビットコインを金としてみるサービスばかりだよな

9: 名刺は切らしておりまして 2020/10/22(木) 20:00:16.76 ID:qNytD0C1
おまいら買っとけよ 来年末には10倍になってるぞ
2017年の再来くるぞ

10: 名刺は切らしておりまして 2020/10/22(木) 20:16:36.51 ID:lZpgbYxc
にほも早くしろや

14: 名刺は切らしておりまして 2020/10/25(日) 08:55:46.26 ID:TBjgx5oc
【ハイリスク】paypalのビットコインに対応したレジシステムは、リスク回避レジシステム。店は一度も乱高下ビットコインを触る必要なし

15: 名刺は切らしておりまして 2020/10/25(日) 09:30:17.85 ID:6XY4ZcbL
ビットコインは安全資産、逃避資産ではない。

G7報告「BTCは2つの主要目的達成に失敗、ただの投機資産」

先進7カ国は公表した報告書の中で、
ビットコインが「価値の保存」や、「支払い手段」
としての主要となる2つの役割を担うことに失敗したと判断した。

この判断の理由として、・高い変動率・拡張が限定的
・利用が複雑・規制、統治の問題を挙げた。
その結果、「ビットコインは投機目的で不正利用される資産にすぎない」との結論に達している。
http://www.bis.org/cpmi/publ/d187.htm

G7 デジタルペイメント
金融の安定性や消費者保護のほか、マネーロンダリング(資金洗浄)、テロ資金供与などに対処する必要があるとし、「決済サービスは適切に監督・規制されるべき」と指摘した。
https://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN26Y2GM

16: 名刺は切らしておりまして 2020/10/26(月) 09:33:06.12 ID:UzQb1Gan
アホみたいに送金手数料高いのよな
マニュアルで最低手数料にしないと
おまけにそれで認証が遅くなる
本末転倒

厳選人気記事