ゲームで遊びながら、お金を稼ぐ――。少し前の時代では考えられなかった「Play to Earn」(P2E)と呼ばれる稼ぎ方が、「web3」と呼ばれるデジタル新時代では当たり前のものになっている。最も盛んな東南アジアでは、ゲームで生計を立てる人がいるほど。そして、日本でも、この新たな試みが意外な場所で活用され始めているのだ。

818e67627d4bb1dae69265bd98dfeca6_s (1)

おすすめ記事

厳選人気記事